葬儀では故人のご冥福を心から祈り、精一杯供養する気持ちを持ちたいと思います。天命を全うしたことを喜びたいです。

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について

葬儀では故人の冥福を祈り供養したです

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
葬儀では故人のご冥福を心から祈ると同時に、精一杯供養する気持ちを持ちたいと思います。
故人にとってどのような人間界での修行だったのかはわかりませんが、天命を全うしてあの世に戻れることができたことは喜ばしいことだと思います。
遺された遺族や友人などは寂しさで一杯でしょうが、故人は喜んであの世に旅立ったのだと思うことができれば少しは癒されるのではないでしょうか。この世に来るときに約束した天命を全うすることができれば、これ以上の喜びはないのでしょうが、なかなか約束通りの修行ができなかった場合はどうなるのでしょう。
私には窺い知ることはできないのですが、肉体は滅びても魂はそのままあの世にいるのですから、故人は自分の葬儀を不思議な気持ちで眺めているのかもしれませんね。

魂は永遠に生き続けるのですから、長くてもわずか100年足らずの人間界での修行はあっという間だったのではないでしょうか。その中で、あらかじめ天からハンディを与えられながら一つ一つクリアしていくような人生を歩んだ人もいるでしょう。
私自身もいくつかのハンディを与えられているように感じています。
ハンディを恨むのではなく、私は天からハンディを与えられなければ他の魂と同じような修行ができないと判断されているのかもしれません。それだけ本来は修行ができる魂だということなのでしょう。
焦らず驕らず真剣にハンディを克服すように人生を歩んでいきたいと思っています。

注目度がUPしている葬儀について、このWEBサイトでチェック☆

Copyright (C)2017子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について.All rights reserved.