本当に葬儀は辛いものですが、しっかりと供養することが大切です。忙しいですが悲しみをまぎらわせてくれます

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について

葬儀は辛いですが供養して大人の務めを果たすことが大切です

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
実は立て続けに親族の葬儀が続いたことがあり、供養の気持ちをもって私も何かと手助けをしたのですが、本当に大変で悲しい出来事でした。
親族の方達のお世話や食事やお茶の手配などいろいろありましたが、何とか頑張って

こなすことができたかなと思っています。
こういったことは何度も経験するものではないなと思い悲しくなりましたが、大人としての務めなのだから頑張ろうと思いました。
とても悲しくて普通に過ごしていたら耐えられないかもしれませんが、式のことでいろいろばたばたと行動しているので、あまり悲しみを感じることもできませんでした。
かえって忙しいほうがよいのだなと思ってしまいました。
もしかしたらこの忙しさで悲しみを紛らわせるためにわざと大変なようになっているのかもしれません。直後は本当に辛くてごはんも食べることができないぐらいだったので、忙しい方が気がまぎれて絶対によいです。
またお客様が本当に悲しんでくださるので、自分の代わりに泣いてくださるような錯覚を覚えて、そういったことにも救われました。
一つ悲しみを乗り越えることができて、自分も大人になることができたように思います。
悲しい出来事ですが、成長させてくれる出来事でもあるなと思ってしまいました。
本当に大切なことなので、しっかりと立ち振る舞いができるようにしておかないといけないなと思ってしまいます。
故人のためにしっかりと式を行っていくことが何より大切なのでそういった気持ちも忘れずにいたいです。

注目度がUPしている葬儀について、このWEBサイトでチェック☆

Copyright (C)2017子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について.All rights reserved.