葬儀は故人を供養するためにも大切だし、親族にとっても救われる本当にとても大切な儀式だと思います。

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について

葬儀で供養をするということは親族や故人にとって大切なことです

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
やはり葬儀というと悲しい出来事なので、あまりないほうがよいに決まっていますが、純粋に供養する機会なので、必要なことだと思います。
本当に故人を敬う気持ちで集っている人ばかりなので、とても神聖な場所だし、気持ちが

あふれていると思うのです。
私も自分の祖母が亡くなったときのことを思い出すのですが、本当に祖母との別れを悲しがっている方ばかりが集まってくださったのでとても感謝しています。
祖母の作品なども飾っいたのをしっかりと見つめてみなさん涙を流して悲しんでくださったので、そういった光景を見ていると心がほっとして、みなさんが悲しんでくださっている気持ちと自分が悲しんでいる気持ちが一緒なので、なんだか一人ではないと思うことができたのです。
一人で悲しむのは孤独で本当に辛いので、みなさんと悲しみを共有できることができてよかったと今でも思っています。
ですので、やはり人が亡くなったときにはこういったことは絶対に必要なのだなと思ってしまいます。
悲しみが少しでもいえるので、きちんと行った方がよいと思います。
親族にとっても、故人にとっても本当に大切なことです。
こういった儀式を行うことで救われる部分もたくさんあるので、しっかりと行っていくことができるような自分でありたいと思っています。
しっかりとしないといけないなと本当に思ってしまいます。
頑張って事あるごとにどうしたらよいのか覚えていこうと考えています。
しっかりと故人を見送ることができるようでありたいです。

Copyright (C)2017子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について.All rights reserved.