葬儀にもお金かかるのに供養にもお金かかるのかな?真面目な話私も年金暮らしだしそんなにお金が使えないの。

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について

祖父の葬儀を済ませつ命日にはしっか供養をしています。

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
私の家からおじいちゃんの家までは近いのでお墓も近いです。
もちろん葬儀の時は行きましたし毎日心の中におじいちゃんの昔を思い出して供養をしています。
お墓参りにも毎月のように通っているしあいたくて仕方ない優しいおじちゃんでした。
最後は地方が進んじゃって話してても誰やった?って聞かれてたんですけどね。
でも大好きだったんです。
それくらい思い入れは強いです。
幼いころはおじいちゃんとばあちゃんに育ててもらったみたいなものなので。ほんとですよ。

おじいちゃん、葬儀の時まで話しかけてくれるようにいつか墓地を買ってお墓立ててなって言っているようなんです。
遠慮深いおじいちゃんです。
その分供養にも力が入ります。
私は昔から霊感が強いのであえないかな〜?なんて思ったりしています。
それは無理な話でしたね。仕方ないからしっかり家で供養していますよ。仏壇へ向かってね。毎日話しかけてるけど気持ち伝わってないかな?そうしたらちょっと寂しいな。
でもこの思い天まで届けな精神です。
力いっぱい話しかけてます。
思ってます。

しかしお兄ちゃんのほうがおじちゃんが亡くなった時泣いていたのはびっくりしたんです。
いつも陽気なおにいちゃんだから泣いた姿って初めて見たんですよ。おどろいた〜。
でもそれが普通なんですよね。私はお兄ちゃんが泣いてるから泣いちゃだめだ〜って思って泣くのを我慢しました。
がんばった・・。
でもおばあちゃんが元気なのがせめてもの救いなんです。
おばあちゃんの膝まくら好きだったな〜。今は私が重くてできないんですけどね。楽しめるだけ楽しんだほうが人生素晴らしいものになりますね。

注目度がUPしている葬儀について、このWEBサイトでチェック☆

Copyright (C)2017子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について.All rights reserved.