いまの葬儀と供養は昔とは違い進化しています。納骨堂、お墓だけではないんです。知っていましたか?

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について

葬式・葬儀について調査している方へ☆

色々な葬儀、供養について

子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について
みなさん、葬儀や供養といったら何を思い浮かべますか?お通夜、お葬式、告別式・・・・そして初七日や四十九日が過ぎ、納骨堂やお墓の中にご供養するのがごくごく一般的な供養の仕方だと思います。

ですが今の供養は昔とはちょっと違うんですよ。私は実際にその場所に行ったということは残念ながら無く、テレビで先日お見かけした部分を少しだけですが、ご紹介しようと思います。

告別式のあと、火葬場に行き、拾う故人の遺骨。その遺骨を中に入れたペンダントなどもあり、故人がペンダントの中にいると思うと近くにいるような気がしますよね。また納骨堂が個室になっており、遺影だけではなく故人の住所や電話番号から、昔の写真まで保存できるという納骨堂も存在するそうです。
また、個室のため人に見られることもなく、思い出をたくさん保管しておけるということで長い方では1〜2時間そこに居られる、という方もいるそうですよ。また、中には生前から一緒にお墓に入るお友達、その名も「墓友」というお友達を作る会なども現在はあるそうです。
また、自然に還りたいという気持ちで木の根っこの場所に遺骨をいれてご供養する、というご供養方法もあるんだとか。・・・・これはたった少しの例ですが、びっくりですよね。最近はご焼香もかわいらしいものだとか、仏壇もお部屋に溶け込むようにスタイリッシュなデザインのものまであります。
時代とともに葬儀や供養の仕方も変化していくものなのですね。

注目度がUPしている葬儀について、このWEBサイトでチェック☆

Copyright (C)2017子供が中学生の時に亡くなった先生の葬儀とその供養について.All rights reserved.